ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大事

ダイエットに取り組むに当たって、まずしなければいけないことは、食事の量を減らすことです。カロリーの摂り過ぎは論外です。その日の活動で使い切れないほどのカロリーを食事で体内に取り入れていると、余剰のカロリーは脂肪になって溜め込まれます。体の中に入ってくるカロリーと、使うカロリーのバランスがとれていれば、太りすぎもしませんし、痩せすぎもしません。机上の計算では、使ったカロリーのほうが、摂取するカロリーよりも多ければ、体脂肪が消費されてダイエットになります。摂取カロリーから、基礎代謝や日々の活動で消費するカロリーを差し引いて、余りが出たなら、それは多すぎるカロリーです。代謝の高い体質になれば、結果的にカロリー消費量は多くなりますので、ダイエットの役に立ちます。1日に消費するカロリーを今よりも多くしたいなら、基礎代謝の高い体質をつくることです。体質をダイエット向きのものにすることで、体脂肪の燃焼がスムーズにいくようにすることは、食事と運動によるダイエットと同様に重要です。ダイエット効果を高めることができる体質になることで、食事や運動によるダイエットの効果がより出やすくなります。年齢や性別、体型によって基礎代謝は変化しますが、十代半ばが最も高く、以後は年齢を重ねるごとに低下していきます。せっせと運動を続けても、食欲を抑えてカロリー制限をしても、思うように体重が減らない時は、基礎代謝を上げることを検討してみてください。がむしゃらに運動をして、ぎりぎりまで食事量を少なくするというダイエット方法もありますが、おすすめは摂取カロリーと消費カロリーのバランスをとる方法です。