紫外線の量と日焼けの関係について

紫外線に含まれているA波は、窓ガラスを透過する性質を持っているために、家の中にいる時でも日焼けの可能性があります。一方、紫外線B波はA波よりは届きにくい紫外線ですが、お肌への影響はありますので、紫外線予防が必須のものになります。1年のうち、紫外線の量が一番多いのは5月から9月にかけてと言われています。日差しの強い夏は納得がいきますが、5月と言えばまだ夏の始まり、ついつい紫外線の対策を怠りがちになるものです。徐々に薄着が多くなり、袖丈や、ズボンの丈が短くなってきますので、そんな時こそ紫外線ケアが必須になります。夏場は紫外線の量も増えますが、汗をかく量も増えます。日焼け止めクリームは汗で溶け出してしまうことがありますので、頻繁に塗り直して、日焼け止め効果を維持しましょう。お肌を紫外線から守るには、日焼け止めクリームのSPF値という数字を参考にして、どの程度の紫外線遮断効果がある商品を選択するかを決めます。SPF値の高い日焼け止めを一度にたくさん使用するよりも、数値が低いものをこまめに塗りなおした方が日焼け止め効果が高いと言われています。鼻の頭やおでこや肩など、日差しが当たりやすい部分は日焼けをしやすいので、特に注意してこめまに塗る必要があります。午前10時から、午後2時までの間が、紫外線が特に多いということを踏まえて行動をしましょう。日焼け防止のために紫外線対策をする場合には、年間を通して、常時行う必要があるのです。