漢方で食欲を抑制してダイエットする方法

様々な方法でダイエットに取り組む人がいますが、漢方を使って体重を減らそうとする人もいます。漢方を使うダイエットのいいところは、運動や食事制限によるダイエットのように、ストレスがたまったり、身体に負荷がかかりすぎないことです。健康的にダイエットを行うには、食欲を抑制することも必要ですが、代謝を活発にして消費カロリーを多くすることで太りにくい体を作ることが一番です。ハードな運動は体に負担が大きいかもしれませんが、ダイエットのためには適度な運動が重要です。体を動かすのが好きな人や、生活習慣に運動やスポーツがある人はともかく、そうでなければ運動不足になりがちです。ダイエットと称して食事の量を減らす人は少なくないですが、健康でいるにはある程度の食事は必要になりますし、栄養は体に供給し続けなければいけません。人間は、身体機能を正常に保つために、食欲という欲求を持っています。この欲求を抑制することは体が目指すものとは反していますが、やり方によってはダイエットに役立ちます。漢方薬で食欲を抑制する場合は、大柴胡湯や、防風通聖散が用いられます。大柴胡湯は炎症を鎮めるなど、体の機能を抑える漢方薬です。胃腸の働きを鎮めることで食欲を抑制して、摂取された食べ物からも栄養を吸収しないようにします。食べたものが栄養として吸収されづらくなりますので、ダイエットには有効です。しかし、胃腸器官が弱くなることは体にとっていいことではありません。また、体内に留まっている不要な水分を体外に出したり、お通じを改善したり、脂肪の燃焼を活発にする漢方としては、防風通聖散がおすすめです。ダイエットに漢方を用いる時には、漢方を中心としたダイエット計画を立てるのではなく、漢方は補助として使うように心がけましょう。