小田島と井上銘

看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をするとどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く看護師より給料の額が減ってしまうことが少なくありません。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。昨今、ますます看護師は不足気味です。看護師の免許を持っていても、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。看護師の不足の要因はというと最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、大体の場合、スムーズに審査を通ります。とは言え、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそう簡単にはいかないかもしれません。ローンで審査に引っかからずに通れるのは正規の職員として雇用されている安定している看護師に限って言えることであり、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。様々な病気を患い心細い患者にとっては笑顔で患者一人一人を支えてくれる看護師は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため酷くストレスを感じていると言えるでしょう。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も少なくないそうです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと階級も上がっていきます。婦長といえば分かりやすい役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。一口に看護師といっても、学生やパート看護師が増加しているため、国家試験をパスした正看ともなればそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。看護師の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は看護師の代表的な仕事ではないでしょうか。普通、好んで注射をされに行くような人は稀でしょうが、注射の必要があるのならば、上手な看護師に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手な人もいれば、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や外見を意識しておくことが大切です。中でも、女性の看護師は色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。素顔の時ともまた違っているので、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が良くなるでしょう。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、事情があって就職を選んで会社勤めをしていました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。この方法で看護師の夢を叶えたいです。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。女性の多い職場であるため男性との出会いのチャンスがなくて、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。街コンの場面でも、看護師は人気があります。しかし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって勤務形態が不規則なせいで、駄目になってしまうこともあるようです。皆さんご存知のように、看護師は離職者が多い職業ですので、転職率も高いですね。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが多種多様に存在しています。このような転職サイトを活用すれば、手間なく希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも一緒に活用することをお勧めします。世間では、看護師は白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、好印象を持つ人が大半でしょう。ですが、実際の看護師の働き方を見てみると、収入はそこそこあるとはいっても、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。ですが、ここ数年の間に看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。病院には多くの科が設置されていますが、配属先の科によって、看護技術や処置もまた違います。ローテーション研修は他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。また、視野を広げて、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。将来を考えるキッカケになりますから、やる気も高まります。結婚相手として看護師は人気が高いと思うのですが、独身の女性も多いです。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると早婚と晩婚が極端に分かれていると判明しました。挙げられる理由としては仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、出世を第一にすることで結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接する機会が多いため、不信感や不安を与えないために、髪形に気を付けた方が良いでしょう。患者からどう見えているのかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いでしょう。病院の雰囲気や方針次第で、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを知っておいた方が良いでしょう。多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。やはり、女性が多い職場ともなると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることもよくあります。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。看護師は好んで煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、いかにもその通りで、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している人が少なくない様子が想像できますね。資格取得の難しさですが、看護師資格の場合はどれ程のものなのでしょう。資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、毎年90%前後のようです。試験そのものも、学校で理解していれば十分に合格できるものですので、全く高難度な資格ではありません。海外で医療の立場から支援したいと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。海外においては患者との円滑なコミュニケーションのために医学的な英会話ができる事が最低条件になります。本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。シフトを組んだ交代制勤務などで看護師の仕事は大変ハードでも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、しっかりと次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。簡単に済んでしまうようなケースもあるとはいえ、患者の生死に関わる重要な情報については間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。看護師の勉強をするための学校には主に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と給料の面で専門卒より優遇されるということです。他方、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。理由としては、看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで仕事量が増加し労働時間が長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、看護師を退職する人も珍しくありません。卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。まず、大学はどういったところかというと、その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。対する専門学校については、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。課長職の年収とはいえ企業によって違うように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、大体750万円くらいになると言われているようです。現在わが国では、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の外国人看護師候補生という方々を受け入れています。とは言え、日本語を使った看護師国家試験に3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には帰国する必要があります。病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても大変だというのが現状です。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは公立機関や国公立病院で働く以外ありません。もともと、看護師という職業が専門的な知識や経験が求められ、安定した職種の一つであるとして注目されていますが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的なメリットです。あまりイメージに無いかもしれませんが、看護師の求人がある勤務先に実のところ、保育園が挙げられます。実際に保育園で働くとなると、子供好きの看護師には、理想的な職場だと思います。病院とは違って、保育園での看護師の仕事は看護師として子どもたちの健康をケアしながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという働きがいのある仕事です。初めて看護師として働こうと思っても、就職先がなかなか見つからないという方は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。実際の求人には表面上年齢について書いていない場合も、病院側の事情で採用年齢を設定していることもあります。中でも30代から看護師を始めた、という方の場合はかなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。転職活動の場面においては、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。その注意点とは、履歴書の項目の中でも特に大事な志望の理由の書き方です。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術や知識を学べるといった理由や過去の経験を生かせそうだからというような、「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。妻の話ですが、看護師としてシフトに入っていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって苦労した覚えがあります。