川又とクテノプス・ノビリス

新居を建てて、数年前に賃貸から転居しましたが、自分のデスクトップパソコンを壊さず運ぶことにあらゆる手を尽くしました。このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。搬出や搬入の時に衝撃が加わらないように使いすぎかと思うくらいクッション材を使いました。パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたためデータは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。荷造りでは手が汚れるだけでなく、カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、手を傷つけることも珍しくありません。荷物移動の際には、言うまでもなく指詰めの危険性を考えないといけません。軍手なら何でも良いわけでなく、自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手を準備することが大事です。それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。一般家庭の引っ越しを扱う会社として、日通は「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、引っ越し事業が広く知られるようになっています。引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、引越社とか引越センターの会社名しかないのが当然だと思っていました。運送会社の多くが最近になって一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。とりわけ、日通のように運送会社としても大手ならば、引っ越しサービスも一定の水準をクリアしていると言えます。結婚のために引っ越したとき、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスを使ってみました。自分にとって、業者に依頼した引っ越しなど初めての経験で、コールセンターへの電話も緊張していました。しかし、どのスタッフの方もきちんと対応していただき、作業も丁寧で安心して全ての作業を任せられました。また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもヤマト運輸を利用したいと思います。冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。準備のためには、前日までに入っているものを出し、コンセントを抜き、そのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てればあとは運ぶだけです。そのため、冷蔵庫の中のものは全て、前日までに食べきれるようにして、常温で保管できるものを買うように配慮し、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。一人暮らしの方が引っ越すなら、一般向け引っ越しパックではなく単身者専用のサービスを探してみると比較的安く引っ越せます。専用コンテナに収まる荷物だけを運んでくれることが多く少しの荷物しか運べないという先入観をもたれますが、荷物は案外たくさん収められます。収めきれなかった荷物があれば同じ業者のサービス、例えば宅配便などで送ると良いでしょう。引っ越しの荷作りをしているときにクローゼットの中を全部開けてみたのですが、いらないものばかりがゾロゾロ出てきてため息が出ました。とりわけ服は何年も着ていないものばかりでした。結果として、引っ越しをきっかけにいろいろなものを整理して処分し、自分の持ち物も、自分の心もきれいに片付いて良かったです。業者に支払う引っ越し費用は、引っ越しの内容が変わらなくても時期によって変わることは確かです。旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は引っ越しの依頼が多いので、どの業者も高めの料金設定になっています。事情が許すのであればいわゆる閑散期に引っ越しを実現できると費用もサービスもお得になります。閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。全ての人にとって引っ越しでダンボールを使うことになり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。そんなときにも、スーパーなどに行くと無料でダンボールを分けてもらえます。そうなるとサイズが揃わなくなります。移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、同じサイズでなければ計画的に積んでいく必要があります。住民票を動かすと、絶対しなければならない手続きの筆頭といえば、運転免許証の住所変更を申請することでしょう。いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので住所変更の申請も、早めに済ませましょう。引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を窓口に出し、届に記入すれば手続きは完了です。自家用車も一緒に引っ越しする場合、自動車も住所変更を行うことになりますが、ナンバープレートが変わるのは面倒だと気がかりだと思います。引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、陸運局の管轄地域が問題になってきます。引っ越す前の居住地と同じ管轄内ならばナンバープレートはそのままで良いのですが、管轄が違う地域に引っ越すのであれば、変更は強制的に行われます。まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で一時住んでいました。アパートだと、ペットを飼えないところが多く一緒に住む友達は猫を連れていたので条件に合う物件を探すのに苦労しました。不動産屋さんも何軒か回ってようやっとペット可の物件を見つけました。引っ越しもすぐに済ませて二人と一匹はとても幸せでした。今回の引っ越しで見積もりを出した際、えっと思うようなことがありました。液晶テレビの運搬に限って専用の保険があると言うのです。荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、30万円以上の購入価格であれば、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのかずっと疑問に感じています。いろいろな要素が関係していると思いますが、引っ越しにかかる費用は時期によって違うのが当たり前のようです。一番わかりやすい例では、移動が多い春は引っ越しも増えるので、引っ越す日や曜日にかかわらず、費用は高くつきます。同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。インターネットで検索すれば、引っ越しの総合案内サイトや業者の比較サイトがあり、数々の業者が無料見積もりサービスを行っています。費用面も含め、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を見つけ、費用を少しでも抑えていくべきです。どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、私はできるだけ、引っ越し当日に止めてもらうようにしています。何度引っ越ししていても、引っ越しの前には体力の消耗もかなりのものですから、引っ越し前日の夜ともなればゆっくりとお風呂に浸かって翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。それに、当日になっても温かいものを飲むとずいぶん癒やされるものです。年金生活になれば、誰でも今までの生活が大きく変わることは確かです。これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。退職前のお住まいがどんなところであっても、年金生活に突入することで、住まいと生活が不一致を起こすことも考えられます。今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特に家賃を払い続けられるかが問題になってきます。ここで思い切って、住環境を変えてみるのも十分検討の余地があります。私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前に今のアパートへの引っ越しをしました。最初の考えでは、3年くらいいたら後は実家に帰りたかったので住所変更しなくても良いと思っていました。しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、ずるずると居続けてしまい、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、今さらですが、住民票を動かしたいのです。私は地方出身だったので、今まで3回引っ越ししています。進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、荷作りの大変さは毎回変わりません。そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが頑丈な荷物になります。スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは運んだときに差が出ます。壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、使うことを強くすすめます。私たち一家の引っ越しの時は1歳になる子供と一緒でした。こんな幼い子供でも新しい環境に慣れるまでの間、ちょっと戸惑っているのがわかりました。引っ越しを機会に、たくさんあった子供のものも使わないものを思い切って処分しました。片付けを進めているうちに母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。賃貸の物件から引っ越す場合には、必ず、退去時の原状回復義務があります。経年劣化は避けられないこととして考慮されます。入居者による破壊や破損と判断されると修理費用の請求につながる可能性が非常に大きくなりますが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは修理費用を出す必要はないとされます。何にしても、余計な傷や変化を生じないように暮らすのが自分にとって一番有利だと言えますね。今どきのマンションやアパートではどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知ることなく生活するのがおかしいと思わなくなっています。それでも、日常の挨拶や何かあったときにはお互いに助け合えるという関係は必要だと言えます。そのようなご近所づきあいのきっかけとして、引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。日々心配なく、安全に暮らせる環境とは住居の中だけとは限りません。良好なご近所関係も住環境の一部です。円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶をその日中に終わらせましょう。無難なおみやげを用意して挨拶回りをした方が良いです。長々と訪問する必要はありませんからなるべく好い印象を持たれるように心がけます。まずは第一印象です。引っ越しを翌日に控えたら、寝る前に必ず引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。引っ越し業者の人が何時に来て、作業を終えて運び出すのは何時かなどの決められた時刻を確認し、人の動きを調整します。できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため冷たい飲み物の準備をしておきましょう。作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。引っ越しで、荷物をまとめる際、気配りが必要なのは何といっても割れ物です。万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、底面から一個ずつ包むようにしましょう。新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うとクッションとしての役割がより高まります。それから、持ち手のついた食器類などあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。先週末に引っ越しました。引っ越しを終えた日に夕方になって部屋の明かりをつけて「ここが新しい家なんだ」と思わずにいられませんでした。その日の夜は、思い切って普段ならぜいたく品のピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しが無事終わったお祝いをしました。期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、もう一度見直してみましょう。今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならば電話会社との契約、あるいは転出転入などの意外と時間がかかるやりとりが生じます。引っ越したときには契約が始まっていないと転居後すぐに電話回線を使うことはできません。年度末やお盆、年末年始などは特に急いで手を打つに越したことはありません。先日、無事引っ越しを終えました。準備で本当に疲れてしまいました。マンションの高い階に住んでいたため業者さんに大きい荷物をおまかせしました。引っ越し費用を少しでも浮かせたいと思い、自分で運べそうなものを残しておいて何日もかけて台車を借りて運び出し、新居に搬入しました。台車一台で、よくも運んだものです。あらゆる引っ越しには大小さまざまな問題が伴ってきます。ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。私は引っ越し先が新築だったので当然ながら新しいガスコンロがありましたが、引っ越し先が新築でなければ元々のガスコンロで間に合うこともあります。ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。ガスコンロを転居後も使おうとするか、新しいものを買おうと考えているならどんな器具なら使えるかを確認しましょう。どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。簡単に入手できるものばかりですが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時に引っ越しに使ってくださいということで、このようなグッズを持ってきてくれることもあります。契約が成立すれば無料なのに単なるお金の無駄にならないように契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前に念を入れて確かめてください。ライフラインの一つといっても良いくらい、引っ越しで重要なのがネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、これで引っ越し完了と思ったところで、インターネットが使えなくて青ざめる、という悲劇は後を絶ちません。引っ越しが多い時期だと数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは早めにしておくのが鉄則です。