武山と亀井

誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。そうはいっても、近頃では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも残念だと思いますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人看護師候補生という方々を受け入れています。しかしながら、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、とても大変だというのが現状です。様々な病気を患い心細い患者にとっては不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。でも、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚えておかなければいけない仕事や繰り返しのチェックなど常に緊張を強いられる状態なのです。そのため、うつ病を患う看護師も今では珍しくありません。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。看護師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、子供がいる看護師にしてみればかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。子供が小学校に入るまでならば24時間保育を行っている保育所の利用や病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。ですから、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も相当数いると思われます。一口に看護師と言っても、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。ローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、多くの意見を参考にしながらさまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。今後の進路を考える事もできますから、やる気も上げられると言われています。一般的に、看護師は離職率が高いです。そのため、結果的に転職率が高いと言えます。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが増えています。これらの転職サイトを積極的に活用すれば、時間をかけずに自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを一緒に活用することをお勧めします。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと地位が高くなっていきます。階級として、婦長などは分かりやすい役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。いまは、学生やパートの看護師が増加しているため、正看護師であれば上の役職であることは理解できると思います。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、看護師に多いトラブルと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や交代制による不規則な勤務形態があります。看護師の中には女性が多く、複雑な人間関係がつくられているところも少なくありません。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。一般的に、看護師という職業は高収入だというイメージが強いです。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど辛いことも多いですが、別の業種の給料と比較してみると平均して高水準を続けられることが目立ちます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、色々と事情があって就職し、しばらくOLとして会社に勤めていました。ですが、看護師の夢を諦めきれませんでした。思い切って転職して、無資格でも働ける医療施設などで働くことも出来たのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、実際に看護助手の立場で働きながら資格を取ることが出来る事を知りました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。ここのところ、看護師不足の傾向にあると考えられています。看護師の資格を持っている人の中には、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。女性の方が多数を占めている職場ですから、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれほどの難しさなのでしょうか。試験の合格率ですが、毎年90%前後のようです。実際の試験の内容も、学校の授業をちゃんと学習していた人であればそれほど苦労なく合格できるものですから、特別に看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。病院の統廃合続きにより、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師が大変な激務の状態にあるということです。徐々に男性看護師も増加していますが、まだまだ女性の割合の方が多い仕事ですから、ストレスが蓄積されたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは納得できる話でしょう。様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておく事を忘れてはいけません。メイクが必要な女性では、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番です。素顔の時ともまた違っているので、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が良くなるでしょう。将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として皆さんご存知のように、二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。それに対して、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習時間が多く設けられているため、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、ここで気を付けたいことは、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が減ってしまう事がほとんどです。現在の年収を下げてまで今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必須です。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って受験対策をする人もいるようです。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、通信過程で学べる学校があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。シフトを組んだ交代制勤務などでハードな仕事を強いられる看護師でも、特に油断できない仕事が申し送りです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を責任もって申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。伝言で済むものもあるとはいえ、病状や処置に関する情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。みなさんご存知のように、看護師の休日については本人が働いている医療機関でそれぞれ異なるようです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが普通です。別の見方をすれば、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、そういう意味では働きやすいと言えますね。職場を変わられるときにはご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、注意すべきことがあります。何だと思いますか?それは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をどのように記入するかです。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など前向きな印象を受ける内容が適すると思います。男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて結果的に離職率が高い仕事となっています。さらに、働く時間帯がイレギュラーであることや、ハードな仕事内容であることが原因で離婚してしまう人も多いと言われています。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。異性から好かれる要素の多い看護師でも、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えるようです。結婚が遅くなる人に多い理由は、出会いが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。看護師が活躍できる場所は、確かに病院が多いですが、他にもあります。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでもまだまだ看護師は足りていません。こういったグループホームに入所している方は、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、そのことを心に留めて介護することが重要です。介護関係に携わりたいという看護師の方は、グループホームに就職するという選択肢もいいのではないでしょうか。最近の交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので看護師経験が浅い間は殆どの人がシフト勤務になるはずです。妻の話ですが、看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに苦労した覚えがあります。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりローンを組むことを考えている際、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。とは言え、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には注意する必要も出てくるでしょう。ローンを組むことが容易なのは正規の職員として雇用されている看護師のように、安定している場合なので、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。看護師として外科で働く際の長所と短所を知っておきましょう。まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師としての技術が学べることです。マイナス面としては、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、腰を落ち着けてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。看護師の職業は、白衣の天使という呼称があるほど、大体の場合には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。ただ、実際の看護師の働き方を見てみると、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。良い面だけを見るのではなく、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。初めて看護師の就職先を探してみてもなかなか見つからないという方は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。求人サイトなどには表面上年齢について書いていない場合も、病院が裏で採用に関する制限を決めている場合があります。具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気のために退職したそうです。でも、体調が良くなったら、早速現場に戻って、今も看護師の職についています。数か月間、仕事から離れていても、役に立つ資格があったらそこまで苦労なく復帰できますね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。一般的に見ると看護師の職はハードワークだと言われますが労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、合計して16時間勤務となることもあるのです。こういった長時間勤務の実態も一般的に、看護師の勤務というものがハードだと思われやすい理由になっていると思います。